生息場所別のダニ対策

ダニは押入れにも繁殖するってホント?! 駆除方法&予防策の総まとめ☆

押入れ 空 見えない ダニ 

お布団や季節外れの洋服などを収納する押入れ。実は、ダニにとって住み心地の良い楽園になっているらしいのです。

ちゃんと駆除や繁殖を抑える対策をしていないと…

「押入れから布団を出した途端、くしゃみ鼻水が止まらない!
「押入れにしまっていた洋服に袖を通したら、身体のあちこちがかゆくなった!」…なんて経験をすることになるでしょう。

ともや
そうそう…ダニは肉眼では見えないから、繁殖してるかどうか分からないんだよなぁ
ダニの死骸やフンはアレルギーの原因にもなるから厄介よね~
もえみ

季節の変わり目、衣替えと同時にぜひ押入れの徹底的なダニ駆除をしたいものですね!

それで、今回は以下の2点についてまとめてみました♪

  1. 押入れからダニを駆除する方法
  2. ダニの再繁殖を予防する方法

簡単かつ効果的な方法を厳選して紹介しますので、ぜひ試してみてください!

どうして押入れにダニは繁殖するの??

押入れ 布団 遊ぶ 子供

まずは簡単に、どうしてダニが押入れで大繁殖しやすいのか確認しておきましょう。

ダニが好むのは温かくてジメジメした環境です。

  • 気温20~30℃
  • 湿度60%~80%

上の条件に当てはまる環境では、ダニは爆発的に数を増やしていきます

押入れを久々に開けると、中の空気が何となくジトッと湿っているように感じたことはないでしょうか?

ともや
あるある! 湿っぽくて、ちょっと変な臭いがする時もあるよ
ダニの好む環境はカビが生えやすい環境でもあるから、ひどい場合はカビ臭いニオイが発生することもあるのよね…
もえみ

押入れ内は空気が流れない上に、お布団や洋服など空気中の水分を吸い込みやすいものが多く保管されるため、どうしても湿度が上がりやすいんです。

さらに、お布団や洋服には皮脂汚れ・フケなどダニの大好物が付いていることが多く、ますます大繁殖してしまうんです。

ともや
うわぁ~ 押入れってホントにダニにとっては楽園なんだね!
押入れのダニ駆除&対策の大切さが身に染みるね。
もえみ

では、いよいよダニ駆除方法を学んでいきましょう!

押入れからダニを駆除する方法

殺虫剤 スプレー マスク 防護服

押入れからダニを駆除するには、「押入れ自体」にいるダニと、「押入れに入れている物(布団や洋服など)」に潜むダニ両方を別々に駆除することが大切です。

なぜかというと、ダニはより住みやすい場所を探して移動するからです。

つまり、せっかくお布団のダニ駆除をしても、それをダニのいる押入れに入れると、ダニが布団に登ってきてまた住み着いてしまうのよ…
もえみ
ともや
え~っ、じゃあ布団と押入れ両方一気にダニ駆除した方がいいんだね?! なかなかの大仕事だなぁ~

なかなか頻繁にできることではありませんが、衣替えの時期ごとに一度くらいは、天気の良い日を丸一日とって本格的な大掃除&ダニ駆除行いましょう!

ともや
押入れに物を入れたまま、殺虫成分の入った煙を焚いてダニ退治できたら楽なのにね~
そうね。でも残念ながら、その方法では殺虫成分が隅々まで行き渡らないから、あまり効果的ではないのよ。
もえみ

お布団や洋服、ぬいぐるみなど、押入れに収納している物は各家庭で違うかと思います。

それぞれに適したダニ駆除方法がありますので、以下の記事を参考にしてください。

では、押入れそのものはどのようにダニ駆除したらいいのでしょうか?
方法としては、以下の2種類があります。

  • ダニ用の殺虫剤
  • ドライヤーの

それぞれについて、少し詳しくみていきましょう!

殺虫剤で駆除

殺虫成分が気にならない方で、小さなお子さん、ペット(観賞魚含む)のいないお宅であれば、手っ取り早く殺虫剤で駆除することができます。

ともや
ダニは普通の殺虫剤で死ぬのかな?

多くの殺虫剤に含まれるピレスロイド系の殺虫成分ダニにも効果を発揮します。

ただ、肉眼で見えないダニを退治するには、押入れ中に薬剤を行き渡らせなければいけないですし、布団など直接肌に触れる物を収納することを考えると、やはりダニ専用の薬剤を使った方が安心でしょう。

一度散布した薬剤は毒性を保ったまましばらくの期間残留するから、ムダに毒性の高い殺虫剤を使うのは怖いよね!
もえみ

また、ダニ専用の殺虫剤には、一度薬が作用すると復活しにくい(ノックダウン効果が高い)「フェノトリン」という成分が含まれた製品が多く、見えないダニもその場で確実に動けなくする効果が期待できます。

ともや
なるほど、やっぱりダニにはダニ専用の殺虫剤を使った方が良いんだね!

スプレー、または噴霧した後しばらく放置し、その後、隅々まで掃除機がけをしましょう!

ダニの死骸やフンは空気中に舞い上がりやすく、吸い込むとアレルギー発症の原因になるからね!
もえみ

ダニ対策関連グッズの中には、「殺虫」効果のあるものと、「忌避」効果のある(ダニを遠ざける)ものの2種類があります。
「忌避剤」だけではダニは死なず、逃げて別の場所で繁殖しますし、効果が出るまでにしばらく時間がかかるので、本誌では一旦「駆除」した上で、再繁殖予防として「忌避剤」を使うことをおススメします

では、何点かおススメの殺虫剤を紹介します!

ダニフマキラー(製造元:フマキラー)

広範囲に薬剤が行き届くスプレータイプ。
ダニを駆除するだけでなく、最大2ヶ月の予防効果も‼

ダニがいなくなるスプレー(製造元:KINCHO)

https://twitter.com/963210_suama/status/1004556817815429120?s=20

こちらもスプレータイプのダニ駆除剤。約1カ月の予防効果あり!

ダニアース(製造元:アース製薬)

https://twitter.com/jun_sup_mania/status/1223063573389172736?s=20

畳に針を刺して殺虫剤を噴射することも、押入れなどに直接スプレーすることもできる二刀流。
ピレスロイド系の殺虫成分と共に、作用原理が異なるメトキサジアゾン・アミドフルメトという殺虫成分も含んでいるため、ピレスロイド系に耐性を持つ害虫にも効き目があります。

熱で駆除

マッチ 熱 火 炎

健康面を考えると、殺虫剤は使いたくないという方も多くいらっしゃると思います。

小さなお子さん室内飼いのペットがいる場合はより気を遣いますよね。

ともや
承認を得た殺虫剤は、使用量が適量であれば大丈夫と言われてはいるけれど、結局身体に良いものではないからねぇ…
そうね。じゃ、殺虫剤を使わないダニ退治方法を紹介するわね!
もえみ

殺虫剤以外で、ダニにダメージを与えることができるのは…、

50℃以上の熱です!

ダニは高熱に弱く、50℃以上の熱に20~30分さらされると生きていくことができません。

60℃以上の熱では一瞬で死滅すると言われています。

ともや
でも、押入れをそんな高温にする方法なんてあるかな?
大抵どの家庭にも1つはある、とある家電を使うのよ!
もえみ

押入れのダニ退治に活用できる高熱を発する家電とは… ドライヤーです

通常、ドライヤーの風100~110℃。 低温ドライヤーや弱風モードで使用しても60~80℃はあります。

ダニを駆除するには十分な温度ですよね!

ともや
なるほど! ドライヤーという手があったか!
早速やってみよう~♪
ちょ、ちょっと待って! 少しだけ注意点を読んでー!
もえみ

多くの人が毎日使う身近な家電「ドライヤー」を使うとなると、まるで髪を乾かすような感覚でドライヤーを押入れに向けてスイッチONしてしまいそうですが、それは危険な行為です!

というのも、何の対策もなしに直接熱風を当てると、熱で死んだダニが風に乗って舞い上がり、部屋中に飛び散ってしまいます。

ハウスダストアレルギーの人であれば、吸い込んで大変な目に遭うに違いありません!

ともや
あ、そっか! 退治すればいいってものじゃないのか…!
それに、ドライヤーを遠くからサッと当てるだけでは、十分な熱がダニに伝わらない場合もあるのよ。
もえみ

それで、押入れのダニをドライヤーで退治する際には以下の手順に従ってください。

ドライヤーで押入れのダニ駆除をする手順

  1. ダニの死骸やフンを吸い込まないようマスクをする。
  2. 押入れを空にしたら、溜まったホコリなど掃除機で吸い取る。
  3. ドライヤーの風でダニの死骸が舞うのを防ぐため、バスタオルや古着などを当て布として押入れの床に敷く。
  4. 当て布の上から、近距離でドライヤーを当てる
    アイロンがけのようにじっくりムラなく! 特に板の継ぎ目などは念入りに
  5. フェイスタオルなど小さめの当て布を使って側面の壁の継ぎ目などにも熱を当てる
  6. 当て布に使った布にはダニの死骸が付いているはずなので、すぐに洗う
  7. 最後にもう一度押入れ内の掃除機がけをして、死骸を吸い取る。
ともや
ドライヤーは一か所に何秒間くらい当てたらいいのかな?
それは、当て布の厚さやドライヤーの性能などによって変わってくるのよ!
もえみ

それぞれのドライヤーのモードや性能によって熱風の温度は違いますし、当て布の厚さによっても何秒くらいで熱が届くか変わってくるので、一旦自分の手を当て布の下に置いて、熱風を近づけてみると何秒くらいで熱くなるか判断できると思います。

ちなみに筆者の使用しているドライヤーを薄手のバスタオルで試したところ、約2秒ほどで手を当て続けていられないほどの高温に達しました。

突然急に熱くなるから、我慢して火傷しないように気をつけてね!
もえみ

最後に、補足情報を1点付け加えておきますが…

より効果的にダニを退治したい場合、ダニ駆除の2時間ほど前からカーテンを閉めて部屋全体を暗くしておくと、より効率的にダニを退治できると言われています。

ともや
え、どうして??
ダニは夜行性だからよ! 明るい間光のあまり当たらない繊維の奥や隙間に潜んでるけど、暗くなってしばらく経つと活動を開始して表に出てくるのよ。
もえみ

押入れをダニが繁殖しにくい環境にするために…

セーター 服 たたむ 収納 季節外れ

さて、全てのダニ駆除が終わったら、押入れに収納していた物をもう一度収納し直さなければいけませんが、せっかくならダニが再繁殖しにくい環境にしたいものですよね!

ともや
こんな大がかりなダニ駆除は、そんな頻繁にはできないもんなぁ~
実は収納方法を工夫したり、ダニ対策グッズを活用したりすることで、かなりダニの繁殖速度を抑えることができるのよ!
もえみ

湿気が溜まらないように工夫しよう!

ダニを繁殖を抑える一番のポイントは、できるだけ湿気が溜まらないようにすることです。

ともや
具体的にどんなことをしたらいいんだろう?

収納する時に湿気対策を☆

まず、収納する際に以下のような工夫をすることができます。

  • 収納する布団の下にすのこを敷く
  • 押入れに物を詰め込み過ぎない
  • 市販の除湿シートを布団の下や間などに入れる
  • 除湿剤を入れる

ともや
カギ①空気が流れる隙間を作ることと、②除湿剤を置くことなんだね!
最近は押入れ用の除湿グッズがたくさん販売されているから、ぜひ活用したいよね!
もえみ

定期的に押入れの換気を!

そして、天気の良い日を見計らって定期的に換気をしましょう!

押入れの扉を開けて、しばらく扇風機やサーキュレーターで風を送りこむとより効果的です。

ともや
なるほど扇風機を使うのか~!
すのこで隙間を作っておくと、こうやって扇風機を当てた時、風の通り道があるから効率的に湿気が飛ぶのよ!
もえみ

また、押入れに収納している布団などを定期的に干すのも大切です☆

押入れにしまう前に掃除洗濯をしよう!

ダニの再繁殖を防ぐもう一つのポイントは、ダニのエサを減らすことです。

繊維くず・カビの胞子・ダニの死骸などでできたホコリでもダニは繁殖しますが、人間やペットから出るフケやアカ、食べ物のカスなどがあると、より一層大繁殖すると言われています。

ともや
なるほど。じゃ、フケやアカ、食べ物カスなどが付いた物を押入れに入れるのは、ダニにご馳走を与えているようなものなんだね!

ですから、洋服やシーツ、ぬいぐるみなどを押入れに入れる際には、必ずキレイに洗濯してから収納するようにしましょう!

洗濯できないお布団は、表も裏も掃除機がけしてから収納するといいね!
もえみ

ダニ対策グッズを駆使しよう!

ダニを追い払ってくれる「ダニ忌避剤」「ダニ除けシート」や、ダニをおびき寄せて捕獲する「ダニ捕りシート」などが販売されていますので、これらを駆使して押入れをダニの大繁殖から守りましょう!

「ダニ忌避スプレー」は殺虫成分は含まない身体に優しいものもあるから、ドライヤーでダニ退治した後、押入れにスプレーしておくのもイイよね!
もえみ

いくつかおススメの製品を紹介しておきたいと思います。

ダニオフファブリックスプレー(made of Organics)

ダニが嫌がる香りを持つ100%天然由来(オーガニック成分69.1%)のハーブオイルでできているダニ忌避スプレー。

ダニ忌避率90%以上! なのに、人間にとっては不快に感じないスッキリとした爽やかな香りです。

殺虫剤不使用で、身体に悪い成分は一切使用していないため、妊娠中の方、お子様、ペットのいる家庭でも安心して使えます。

ダニ捕りパック ブラックホール(石崎資材)

https://twitter.com/Hands_Shibuya/status/966596812822921216?s=20

酵母や黒糖などの食品系の成分を使ってダニをおびき寄せ、一度入ったら出てこれない特殊な網目構造を持った不織布の中に閉じ込めるダニ対策グッズ。

3ヶ月間有効で、特許取得製品なのに比較的リーズナブルなのも魅力です。

まとめ

さて、今回は押入れのダニ駆除と再繁殖を予防する方法を紹介してきました。

押入れそのもののダニ駆除方法は…

  • ダニ駆除剤をスプレーする
  • ドライヤーの熱で駆除する

再繁殖の予防法は…

  • 収納する際に、湿気を逃がす工夫をする(例: すのこを敷く、物を詰め込み過ぎない)
  • 定期的に換気をする (扇風機などで風を送るとより効果的☆)
  • 布団や洋服などは清潔にしてから収納する
  • 「ダニ忌避スプレー」や「ダニよけシート」、「ダニ捕りシート」などダニ対策グッズを活用する

ダニは肉眼では見えない厄介な害虫ですが、弱点を突く効果的な対策で、ダニに怯える必要のない快適な生活を手に入れてください☆

-生息場所別のダニ対策

© 2020 ダニダニグッバイ