生息場所別のダニ対策

クローゼットのダニを防虫剤でダニ退治!効果的なダニ退治対策を公開!

衣替えの季節、クローゼットに保管しておいた服を、
久しぶりに着たら、「何か肌がムズムズするぞ…」とか、チクリと刺されたり
など、その原因はひょっとすると、ダニかもしれません。

防虫剤も期限がいつの間にか切れていたり、
頻繁に見ない所だったりすると、特に管理が行き届かない事もしばしばあります。

せっかくクリーニングをかけて、クローゼットに直しておいても、
ダニが付いた服だと不快で、着たい時にすぐ着る事ができません。

しかし、ダニはどんな家庭でも必ず存在します。

得にクローゼットやタンスは、ダニの生息に好条件の場合もあるので、対策は必要ですよね。

今回は、クローゼットのダニ対策の方法についてご紹介します。

クローゼットにダニがいる場合は防虫剤が効果的?

冬のコートがそろそろ必要だから、クローゼットから久々だしたの。
サイズ感どうだったか着てみたんだけど、何かチクってして、何だろう。
もえみ

ともや
虫とかじゃなくて?

コートを振るってみたけど、何かわからないの。
もえみ

ともや
もしかしてダニかも!クローゼットに防虫材入れてなかったもんね。

クローゼットにもダニいるの…?
もえみ

ダニは家の中であれば、どこにでも生息しています。
クローゼットの中は、特にホコリや湿気などで、ダニには最高の環境かもしれません。

クローゼットは、服シーズンオフの服を入れたり、あまり使わない環境だと
なおさら、ダニの住処になっている可能性があります。

クローゼットの服が、害虫の被害に遭わない為に、恐らく皆さんは
防虫剤を利用されていると思います。

この様な防虫剤は、ダニ対策として有効なのでしょうか。

実は、通常の防虫剤ではダニ対策にはなりません

通常の防虫剤では、洋服に穴をあけたりする害虫を対象としており、
「カツオブシムシ」や「イガ」の幼虫に効果があるものがほとんどです。

防虫剤の中には、ダニへの効果が記載されているものもあります。
ダニへの効果がある場合は、「防虫とダニよけ」の様にプラスαの効果として
ダニよけの記載があります。

これは、防虫成分の中に、「エムペントリン」を含み、
ダニを寄せ付けにくくする効果があります。

そのため、ダニよけ効果がある防虫剤を選択する様にしましょう。

 


それから、防虫剤は、密閉空間に防虫剤の成分を充満させる事で効果があります。

防虫剤の適応空間量が、十分でないと効果も少なくなるでしょう。

クローゼットの広さを確認し、適正な防虫剤の量をセットしましょう。

効果的なクローゼット内のダニ対策とは?

クローゼットに服をしまっておく場合、ダニ対策は防虫剤だけでいいの?
もえみ

ともや
実は、ダニ対策って防虫剤だけでは不十分なんだ。

そうなの?ダニ用防虫剤じゃ効果ないの?
もえみ

ともや
効果無いわけでは無いんだけど、クローゼットって広いし、
隅々まで防虫効果が行き渡らない事だってあるんだ。
服にダニが付着するのも嫌だから、しっかり対策しておきたいよね。

まずはクローゼット内の清掃から

クローゼットの中にダニがいる場合、次の手順でまずはダニ駆除を行います。

  1. クローゼットの服を全部出す
  2. クローゼット内の掃除
  3. クローゼット内の通気
  4. 服を戻す

1.クローゼットの服を全部出す

クローゼットの中を掃除してダニを退治しなければなりません。
その為には、まず、クローゼット内の服を全部出す必要があります。

天気の良い日を見計らって、一旦衣類をクローゼット内から無くしましょう。
しっかり干して、服を乾燥させましょう。

2.クローゼット内の掃除

続いてクローゼットが空になると、隅々まで掃除機がかけられます。

溜まったホコリをしっかり吸い取りましょう。
こびり付いたホコリや汚れは、拭き掃除も良いでしょう。

3.クローゼット内の通気

掃除をした後、クローゼットの扉を解放し、乾燥させましょう。

特に、拭き掃除した場合、湿気が残ってしまいます。
2.3時間解放して乾燥させましょう。

4.服を戻す

干していた服を、しっかりふるって、埃を落とした状態にして
クローゼットに戻していきます。

そのまま戻すと、屋外で付いたホコリ等が付着したまま、
クローゼットにしまってしまう事になるので、
ふるって戻す様にしましょう。

服に付いたダニを除去する

服に住み着いたダニを除去するには次の2つが有効です。

 

  • 乾燥機にかける
  • アイロンをかける

 

ダニは、50℃以上の熱を加える事で死滅します。
つまり、乾燥機、アイロンなどの熱処理を行う事が有効になります。

衣類の生地によっては、アイロン、乾燥機どちらも使用できないものがあります。

その場合は、クリーニング店へ持参し、ダニ処理を行ってもらいましょう。

日常できるダニ対策は?

一度対策を行ったとしても、クローゼットを放置しておくと、
ダニの温床になってしまいます。

週1回は、掃除機でホコリをとったり
扉を開け、換気する事をおすすめします。

合わせて使用する防虫剤関連グッズ

日常の対策に併用して、ダニ、防虫グッズを使用します。

専用のグッズを幾つかご紹介します。

タンスにゴンゴン クローゼット用

楽天通販でのご購入はこちら
1年間防虫でき、臭いがないのが良いですね。

 

natuvo クローゼット用

モノタロウ ご購入はこちら

主原料が、無農薬で栽培されたオーガニックスペアミントという事で、
天然素材で安心です。

ダニがいなくなるスプレー

金鳥 HPはこちら

気になる箇所に直接吹付け、ダニを退散させます。
手っ取り早い方法です。

なぜクローゼットにダニが?

クローゼットってダニがいるのかな?
もえみ

ともや
実はクローゼットってダニにとって、結構好条件なんだ。

えっ、そうなんだ。知らなかった。
もえみ

ともや
布団とかカーペットに比べると少ないけど、以外に多いんだよ。

実は、ダニにとってクローゼットは、
場合によっては最高に良い環境の住処になっている事があります。

まずダニが好む環境を見ていきましょう。

  • 25℃前後の気温
  • カビ、埃、アカなどのダニの食物がある
  • 湿気が65%以上

これらが、ダニの好む環境になります。

クローゼット内は、場合によれば、ダニにとって好環境になっている場合があります。

25℃前後の気温→最近の住宅は、室内の気温が年間を通し一定に近い事から、
人間にとって心地良い温度の、25℃前後になっている事があります。

カビ、アカ、埃が多い→クローゼット内は頻繁に掃除しないので、特にカビや埃が多く存在します。

湿気が65%以上→クローゼット内は締めっぱなしだったり、服や布団を
しっかり乾燥させていない状態で、クローゼットに入れたりという事があると、湿度は高くなります。

ダニが好む環境に、クローゼットの中は当てはまっているので、ダニが多い環境であると言えます。

ダニがもたらす弊害

掃除って結構面倒だから、ついさぼっちゃう。
もえみ

ともや
面倒なのはわかるけど、やっぱ対策していないと困るよ。

ダニくらい、ちょっと痒いだけじゃん。
もえみ

ともや
痒いだけなら大丈夫だけど、他にも色々弊害があるんだよ!

ダニと言うと、私のイメージでは、体が痒くなるイメージです。
噛まれてしまうと、痒くてたまらないというのが、一番でしょうか。

実は、ダニの弊害って痒みだけではありません。
ダニが及ぼす健康被害があり、中でも一番多いのが、「ダニアレルギー」です。

喘息や鼻炎、アトピー性皮膚炎など様々な症状を発症します。

ダニアレルギーは、ダニそのものの影響から、ダニの糞、死骸、
そして、ダニに刺される事から、それらの症状を引き起こすケースもあります。

クローゼットにダニがいる場合、ご自身が症状に悩むだけではなく、
ご家庭のお子さんにまで被害が及ぶ場合もあります。

 

まとめ

  • クローゼット内のダニ対策は、まずは清潔に保つ事
  • クローゼット内はダニにとって最適な住処なので、増殖する可能性が大きい
  • ダニはアレルギーの原因になるので、ダニ対策は必須
あたたかくなって、梅雨のジメジメした時期は、
特にダニの繁殖が増える時期です。
6月~7月は、しっかりクローゼット内を掃除し、ダニ対策をしましょう。
もえみ

 

 

 

 

 

-生息場所別のダニ対策

© 2020 ダニダニグッバイ